運動不足になるバイト

わたしがやったことのある運動不足になるバイトは

わたしがやったことのある運動不足になるバイトは、データ入力のアルバイトでした。
とにかく、時間内はパソコンと資料を使って打ちこむだけ。隣の人との会話も一切禁止されていて、移動するのはトイレの時だけだったんです。

意味のある文字や文章の入力なら、多少は動けなくても気を紛らわせることができるのですが、これが数字だと、すぐに集中力が切れて、数字を入力しながら「おなか空いたな」とか「今日のごはん何にしよう」など、雑念が頭の中にいっぱい浮かんでくるんです。

アルバイトは1日3時間ということで、そんなに長時間ではないのですが、こういう労働環境なので殆ど自分のデスクから動くことはありません。体調が悪い時もふらふらしながらやっていたのだけど、どんどん下半身がむくんでくるし、腰も痛くなってきて、これならまだ飲食店のフロアの方が楽しく動けてよかったんじゃないかと何度も思いました。

それでも続けたのは、バイト料が比較的高かったからです。
バイト中に動けない反動で、その仕事の後にバッティングセンターに行って、運動不足解消とストレス発散をしていました。

かつてした中で、最も運動不足になったバイトは2つあります

かつてした中で、最も運動不足になったバイトは2つあります。
1つ目は事務のアルバイトです。
その事務所はマンションのワンルームの部屋にありました。
ただでさえ狭いワンルームだったのに、電話応対とパソコン入力が主な仕事だったので、ほとんど動かずに仕事が完了してしまいました。
歩くといったら、昼休みに昼食を取りにマンションの外に出てレストランやコンビニに行く時くらいです。
数歩歩けばお茶が飲め、上司に質問でき、トイレも数歩だけの移動でした。
1か月ほどしか働きませんでした。
お金も稼げましたが、体内脂肪も稼げたような気がします。
もう1つの運動不足になったバイトは在宅勤務の電話オペレーターです。
これは、家で働いていたので通勤が必要なく、外にランチを食べに行くこともありません。ヘッドセットを着けてパソコンの前でコールを待機して応対するという単純な仕事なので、ほとんどエネルギーの消費は無い仕事でした。
事務系の仕事は概して運動不足になる傾向があります。